読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かみふじの花

20代のオタク女。 漫画とアニメとゲームが好き。 Twitter依存。 まったり更新するブログ。

ポケモンGOの今後が楽しみすぎてつらい

ゲーム iPhone ポケモン

f:id:kamifujinohana:20160718111252j:plain

話題の「ポケモンGO」。日本での配信開始が待ち遠しいですね。

もともとポケモンのゲームシリーズが大好きで、Ingressも楽しく遊んでいたものだから、「ポケモンGO、楽しみだなぁ!」という夢と期待が、ムクムクと膨らみ続けています。

 

この世界的な流行に対し、ゲームをプレイしたい!という期待ばかりではなく、ビジネスチャンスに繋がるのでは、という期待を寄せている人も多くいるのではないでしょうか。

実際に外を出歩くことが必須のゲーム設計。

ユーザーを集めることで、飲食店や観光地、地方活性化などに繋がる可能性があります。

それは、先立って配信された各国の実例を見ても、Nianticの前作ゲームであるIngressの例をみても明らかです。

jp.reuters.com

www.onikohshi.com

今後、開発元のNiantic社は、どういう手法でビジネスを拡大させていくつもりなのでしょうか。

既にポケモンGOが配信された国々からは、カフェやレストランなどが、ゲーム内の課金アイテム「ルアーモジュール」を使い、ユーザーを集客して売上アップにつなげている、という例が多く聞こえてきます。

 

でも、ビジネス展開も、ゲームのシステムも、これだけで終わるわけがないですよね。


なんといっても、ポケモンは700種類以上いるのに、まだ150種類弱しか実装されていないわけですから。今後いくらでもアップデートの余地があり、ポケモンのいる拡張現実は、ますます広がっていくはず。

 

Ingressでローソンやソフトバンクなどの大企業が展開したのと同じようなことが、きっとポケモンGOでも起こるはずですし、ユーザー規模の大きさから見ても、ポケモンGOと連動したビジネスの規模もまた、さらに大きくなっていくと予想されます。

app.famitsu.com

 

私にとっては、物心がついた頃から現在に至るまで、色褪せることなく大好きなゲームシリーズ、ポケモン。

ポケモンGOのおかげで、拡張現実でポケモントレーナーになれることが、本当に嬉しいです。

そして今、私たちにとっての「夢のポケモントレーナー体験」が、大きなビジネスチャンスとして世間に期待されている。

これってすごいことですよね。

 

つまり、私の「ポケモンが現実にいたら、あんなことや、こんなことができたらいいな」という夢を、「金になりそう」って理由で、世界中の企業やお店が、大人と金の力で叶えてくれるかもしれないってことですよ!?

 

…そんなふうに考えたら、もう、わくわくが止まらない。

色んなコラボ商品が出て欲しい。色んなイベントが起きてほしい。経済が活性化してほしい。金なら出す!

 

今回は、そんな夢と冒険への妄想と、金の力に縋りたい気持ちがつまった記事です。

ポケモンGOビジネスが、夢と冒険の世界を現実化してくれたらいいな!

 

こんな商品がほしい!

ポケモンが存在するなら、ポケモン世界の道具や食べ物が存在してくれてもいいはず!

 

01. 帽子、ジャージ、ランニングシューズ、自転車!

f:id:kamifujinohana:20160718111851j:plain

現実世界を歩きまわってポケモンをゲットできる、と聞いて真っ先に思い浮かんだのは、ゲームの歴代主人公、ポケモントレーナーたちの服装。

帽子。ジャージ。ランニングシューズ。バッグ。
マッハじてんしゃ、ダートじてんしゃ。ポケモンずかん、ポケギア…。

ポケモントレーナーになりきりたいから商品化してくれよ!

特に、歩くのが重要なこのゲームにおいて、ゲームの主人公がはいているランニングシューズを再現した商品は本当に欲しい。

自転車も欲しくなるよね!? ポケモントレーナーといえばBダッシュと自転車だもんね!?

ポケモンずかん型のスマホケースとか、歴代主人公の持っているものそっくりのバッグなんかも欲しいよ…。

ポケモンっぽい自転車にポケモン図鑑っぽいスマホくっつけて走りたいよ。

ポケモンのジャージなんかは、ユニ◯ロでコラボ商品として売りだされそう。

 

02. 大容量&高速充電のモバイルバッテリーに期待大

Ingressでは既に、公認のモバイルバッテリーが発売されています。

未来感はんぱねぇ!Ingress公認『cheeroバッテリー』開封の儀!! |


ポケモンGOでもきっと、ポケモンデザインの大容量モバイルバッテリーを出してくれるはず…!

でんきタイプだし、やっぱピカチュウのデザインが王道だし定番かな。

グルマンディーズ ポケットモンスター USB出力 リチウム充電器 POKE-508A

グルマンディーズ ポケットモンスター USB出力 リチウム充電器 POKE-508A

 

▲すでに出ているけれども、さほど大容量というわけではない。

個人的には、モバイルバッテリーと化したロトムなんかも見てみたい。
でんきタイプで一番好きなのはレントラーだけど、モバイルバッテリーとして商品化するほどの人気はないだろうな…。

 

03. 夏の外歩きの必需品、水分補給のドリンク!むしよけスプレー!

f:id:kamifujinohana:20160718113201j:plain

ポケモントレーナーの中に、アタリつき自動販売機で買ったミックスオレ飲みたくない奴とかいるの?

ポケモンGOコラボ商品じゃなくても、ポケモン探しの旅の途中で何か飲みたくなったら、わざわざミックスオレ・サイコソーダ・おいしいみずの類似品をコンビニで探して飲むよ、私は!

むしよけスプレーもぜひ出してくれよな!でもレベルの低いポケモンが出てこなくなる効果はなくてもいいです。

 

こんな観光誘致・地方活性化が起きてほしい!

Ingressでは、Nianticと契約した企業・店舗のポータルからは、特別なアイテムが入手できる、なんてビジネスがあったけど、ポケモンGOはどうかなぁ。

願わくば、ポケストップ化した観光地や、小さなお店なんかが、Nianticにお金を払うことで、その周辺で特定の種類のポケモンが出現率アップ


…なんてことができたら、私の夢が山程叶いそうなんですけど、どうなるかな…?

 

04. ミルタンクの出現する牧場で、モーモーミルクを買って帰りたい

f:id:kamifujinohana:20160718112139j:plain

岩手県の有名な某観光牧場が好きで、何度も遊びに行っています。

PokemonGOが今後アップデートされて、ジョウト地方のポケモンが追加されたとき、

観光牧場の敷地内で、ミルタンクの出現率アップ!(期間限定)
おいしいモーモーミルクも販売中です!

…とか宣伝されたら、絶対行くだろうな…。

既にミルタンクを入手していたとしても、

ガチの牧場でミルタンク捕まえたwwwモーモーミルクも買って来たwwww

とか言いたいもん…。
欲を言えばメリープとかゴーゴートとかも捕まえて帰りたいもん。

ビン牛乳の販売単位を、1本1ダースの2択にすれば、それだけでポケモントレーナーに売れそう。
ミルタンクが追加された暁には、ポケストップ化した全国の観光牧場のオーナーさんがた、ぜひご検討を。

 

05. ポケモントレーナーたるもの、釣りを体験してみたい

f:id:kamifujinohana:20160718113448j:plain

私、魚釣りって一度もやったことがないんですよね。
家族の手伝いでミミズを掘って集めたことならあるんですけど。

でも、ポケモントレーナーたるもの、釣りのスキルは必須だよね!?

観光客を集めたい、初心者OKの釣り堀でポケモンGOとコラボ、とかどうだろう。
ポケモンGOユーザーはちょっと割引、とか。

釣り堀の周辺でヒンバスの出現率アップ!とか言われたら、喜んで人生初の釣り体験に勤しみたい。
ポケモンGOでは、ポケモンを進化させるために、進化前のポケモンをたくさん集めなきゃいけないらしいので、ミロカロス欲しさの常連ポケモントレーナーが大量発生するかもしれない。

レンタルできる釣り竿の名前がボロのつりざおいいつりざおすごいつりざおとかだったら、もう、全種類借りてみたいよね。ボロのつりざおは流石にどうかとも思うけどね。

その釣り堀の周辺でコイキングばっかり現れてきても、それでこそ、ってニヤニヤしてしまいそうだよね。

 

06. ポケストップがたくさんある公園をレンタルサイクルで巡ろう!

f:id:kamifujinohana:20160718114055j:plain

さっき自転車を商品化してほしいって言いましたけど、レンタルサイクルも良さそう。

公園って、Ingressでポータル化されやすい石像や看板、動物のオブジェなどの、公共の設備がたくさんあるので、きっとポケストップが密集すると思うんですよね。

公園の規模によっては徒歩で全部巡るのが大変なところもあるので、ポケモンGOのユーザーはレンタルサイクル料を割引!なんてサービスがあったら利用してしまいそう。

ただ、自転車を運転しながらのゲームプレイは絶対NGなので、安全対策は必要ですね。

サイクリングロードっていうのもポケモンでは毎度おなじみのスポットだから、現実のサイクリングロードにも、ポケモンGOプレイヤーが集まることになるかな?

 

07. 動物園、水族館は言わずもがな…。植物園や博物館、美術館の誘致にも?

f:id:kamifujinohana:20160718114539j:plain

動物園水族館は、色々な人が集まってワイワイ楽しむところですし、比較的容易にポケモンGOのユーザーを誘致して、盛り上げることができそうですよね。
特にサファリパークはおあつらえ向き。誰だってサファリパークでラッキーガルーラをゲットしたいと願っているはず。

 

それに比べて、植物園博物館美術館は、あまり騒がしいのは良くないから、難しいかもしれない。(植物園は場所によるかも)

でも、足を運ぶ人が増えてほしい、っていう博物館や美術館はたくさんあるはずなんですよね。特に田舎なんかだと。

 

ポケモンのゲームシリーズでも、博物館の存在は欠かせないですし、美術館が出てくる作品もいくつかあります。

ポケットモンスター ルビー・サファイアが発売された当時は、伝説のポケモンをゲットするために、点字を読み解く必要があったために、たくさんのプレイヤーが点字を覚えましたよね。

あのときのように、ポケモンGOでも、何かしら知識を深めることができたら良いですよね。

 

どんなやり方が良いのかなぁ…。
ワクワク感だけを考えるのなら、博物館で歴代のかせきポケモン(オムナイトカブトプテラなど)をゲットできたら、これに勝る興奮はないんだけどな。

かいのカセキこうらのカセキ、どっちにする? と聞かれて悩みたいよね。

カセキ - ポケモンWiki

ヤジロンネンドールドーミラードータクンシンボラーデスカーンなんかも博物館で出会えたら興奮するだろうな。

 

美術館なら、ドーブルが出てきたら大興奮するよね。ヒウンジムを連想させるハハコモリでもいいね。

植物園が似合うポケモンはわんさかいますね。どこかの大きな植物園でタマムシジムを再現してくれないかな?

植物園でウソッキーを見つけてニヤニヤしたい。

 

施設内が騒がしいと困る場合は、施設の外の、ポケモンの出現するポイントに撮影用のパネルを置いて、ポケモンをゲットしたというスクショを見せたら、入館料割引、とか、入館特典プレゼント…とか?

 

恐竜博物館みたいなところは、特にポケモンと親和性が高そうですよね。
私はアマルスアマルルガが大好きだから、アマルルガが印刷された恐竜博物館のパンフレットを期間限定でプレゼント!ついでにアマルスの出現率もアップ中!とか宣伝されたら、ホイホイ行ってしまうかも。

 

08. 客足が遠のく雪の日も、こおりポケモンのためなら平気!?

f:id:kamifujinohana:20160718122858j:plain

雪国に住んでいるのですが、冬って本当に人が出歩かなくなりますよね。

コンビニに勤めていた頃に、強く実感しました。雪が積もった途端、お客さんの数がガクッと減ります。当然ですよね。雪が積もると外出めんどくさいもんなー。

でも、雪の日限定で、こおりポケモンの出現率がアップするお店や観光地があったとしたら…!?

イノムーとかウリムーとか、ユキワラシとかオニゴーリとか、クマシュンとかツンベアーとか…むしろ雪の日にこそ探しに行きたい!

雪が降るとどうしても下がってしまう売上を、こおりポケモンの出現で挽回できる、ようになる…かも?
いや本当、小売業が、特定の種類やタイプの出現率をアップさせられる仕組みを作ってくれ、Nianticさん…。

 

09. ARを使って現実世界でポケモンスナップ!撮影スポットを用意して集客!?

昔、ポケモンスナップっていう、野生のポケモンの写真を撮るゲームがありましたよね。私はこれが大好きで、はやく据え置き機でも3DSでもいいから、続編を出してくれないかなーって常々思っているんですけれども。

ポケモンGOには、カメラで映した現実の風景に、ARでポケモンの映像を浮かび上がらせるという、リアルポケモンスナップ機能つき。

 

海外のプレイヤーがネットにアップしている写真を見る限り、街中とか公園とか車の中とかトイレの中とか、本当にいろんなところにポケモンが出現するみたいですね。

でも、日本だとスマホのマナーに厳しいとか、カメラを向けられるのが嫌な人も多いからとか、そこかしこでポケモンの写真を撮ることができるのか? という不安な声も。

私も見ず知らずの人にカメラを向けられるのは本当に嫌なので、ちょっと不安ですね。

ポケモンが出現する画面の背景を実際の風景ではなく、ゲーム映像に切り替えることもできるみたいで、日本ではこちらの方法が主流になりそうではありますが。

 

街中では風景とポケモンを一緒に撮影しづらいことを逆手にとって、公園とか遊園地のポケモン出現スポットに撮影パネルを置いて、ここならポケモン撮り放題!みたいなやり方もアリかなぁ。

 

原作ゲームのバトルを再現!あんな人やこんなポケモンとバトルしてみたい!

初期から実装されているジム機能。そして、今後アップデートで追加されるのではないか、とみんなが予想しているバトル機能。ポケモン好きをニヤリとさせるアプローチの仕方がたくさんありそうですよね。

 

10. お坊さんがジムリーダーで、マダツボミが配置されている寺のポケモンジム

f:id:kamifujinohana:20160718121409j:plain

Ingressだとお寺は高確率でポータル化しているので、ポケモンGOでもそうなる可能性が高い。

オタクなお坊さんも確認されている昨今、お寺がポケモンジムになり、ジムリーダーがお坊さんである可能性も高く…。

マダツボミをジムに配置してほしいなぁ!

大量に人を呼び寄せるほどじゃないにしろ、寺にマダツボミがいたら、ちょっとニヤっとしてしまうよね。
日本の寺院でやらないとそれっぽさが出ないから、ポケモン金銀世代の外国人観光客が喜ぶかもしれない。

 

11. オープンベースでライチュウとバトル!

f:id:kamifujinohana:20160718121020j:plain

どんどん実現不可能っぽくなってきたけど、ドリームだから、気にしない。

日本各地にある米軍基地は、基本的に一般人が立ち入ることはできません。
でも、特定のお祭りの日なら、交流の機会があるんですよね。

日米親善よこすかスプリングフェスタ 2016|イベント|横須賀市観光情報サイト「ここはヨコスカ」

この機会に、ビリリダマとかライチュウを持った米軍人さんと、ポケモンバトルしてみたくない?

 

こんな公式イベントを開催してほしい!

Ingresssでは既に何度も開催されている大規模な公式イベント。

2015年秋冬に開催されるIngressの公式イベントまとめ | Ingress(イングレス)速報


ポケモンGOでは、原作ゲームのストーリーや、ポケモンずかんで知るポケモンの生態を活かしたイベントが開催されると嬉しいですね。

 

12. 全国の湖で、赤いギャラドス捕獲イベント!

f:id:kamifujinohana:20160718115924j:plain

世界中の湖に、赤いギャラドスが出現!

なんてイベントが起きたら、超楽しそう。

秋田県民である私は、田沢湖か十和田湖に行くことになるかな?
田沢湖は辰子伝説っていう、竜にまつわる伝承もあるし、あそこで赤いギャラドスに出会えたら最高に滾るだろうな…!

 

13. 自然公園でむしとり大会!キャタピーで優勝したい!

f:id:kamifujinohana:20160718120248j:plain

しぜんこうえんむりとりたいかいが開催されて、参加したくないポケモントレーナーなんかいるの?

ストライクカイロスを狙うのもいいけど、キャタピーで優勝してみたいよな!?

ポケモンGOでゲットできるポケモンにはCPという強さを表すステータスがあるらしく、固体によって値は違うみたい。ゲットしたむしポケモンのCPを競い合うことになるのかな。

 

14. 伝説のポケモンが全世界を駆け巡る!

f:id:kamifujinohana:20160718120437j:plain

エンテイスイクンライコウや、ラティアスラティオスなどの、俗に徘徊系と呼ばれる伝説のポケモンたち。

せっかくだから、世界中を徘徊してほしいですよね!

エンテイ・スイクン・ライコウは日本の京都でスタートして、エムリット・ユクシー・アグノムなら北海道から。

徘徊がスタートしたあとは、最近はアジアにいるようだ、とか、いつの間にかアメリカ大陸に移動しているぞ、とか、そういうネットの情報や噂を頼りに、彼らが自分の国に来る日を待ちたい。

パスポートを持って世界中を追い掛け回すエリートトレーナーも現れるかもしれない。

 

15. みんなでゴミ拾いイベント!帰りにヤブクロンを連れて帰ろう

f:id:kamifujinohana:20160718120856j:plain

アメリカでは、ポケモンGOをプレイしながら保護犬を助けよう、という動きがあるみたいです。

ポケモンGOで動物保護施設に期待以上の反響!犬の散歩をする人続出! | ANIMALive

大勢の人が出歩くわけですから、こういう、ボランティア的な動きも期待できるわけですね。

ベタだけど、ポケモンGOプレイヤーを集めてゴミ拾いをしたら、拾ったゴミの量に応じてヤブクロンがプレゼントされる、とかも面白そう。

同じポケモンをたくさん集めることで進化させられるようなので、ゴミをいっぱい拾ってヤブクロンをいっぱいもらった人は、その場でダストダスに進化させられるかも。

 

まとめ

f:id:kamifujinohana:20160718111544j:plain

私がこの記事で挙げた15のことは、たぶん、世界中のポケモントレーナーが考えていることだと思います。

 

他にも、サント・アンヌ号みたいな船に乗ってポケモンバトルしたいとか、神秘的な森の中でセレビィに会いたいとか、山歩きをしてイワークを捕まえたいとか、リアルでホエルコウォッチングしたいとか、ブイズを使うまいこはんとバトルしたいとか、もう本当、ふくらむ夢を数えていたらキリがないんですけれども…。

 

20年近くポケモンを遊んできて、いつの間にか大人になってしまった私は、だいたいの夢は金の力で叶うってことを知ってしまったので、ポケモンGOの流行と、漂う金の匂いに、今ものすごくワクワクしています。

 

去年の記事でも書いた通り、もしも日本でナックラービブラーバフライゴンをゲットできるのは鳥取砂丘のみ、なんて事態になったら、本当に行くからね、鳥取県

電車なり飛行機なりに乗って、ホテル取って、2泊3日くらいで、秋田県から鳥取県まで遊びに行くからね。ついでに観光もして、往復で5〜7万円くらいまでなら快く出すつもりだから。

 

世界や日本には、ポケモンが大好きな大人ものすごくたくさんいますので、全世界の企業なりお店なり観光地なり地方自治体は、ぜひぜひ精力的に、そういったポケモントレーナーの夢を叶えたうえで、お金を稼いでほしいなって心から願っています。

 

…この記事を書いている間に配信されればいいなって思っていたけど、まだみたいですね。

楽しみだなー。