読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かみふじの花

20代のオタク女。 漫画とアニメとゲームが好き。 Twitter依存。 まったり更新するブログ。

Ingressで出会った名もなき神社とポケモンGOへの期待

ゲーム iPhone ポケモン

こんばんは、ここ数日、そわそわし続けているかみふじです。

ポケモンGO、びっくりするくらいの人気ですね!

forbesjapan.com

headlines.yahoo.co.jp

現時点(2016/07/12)で、アメリカ・オーストラリア・ニュージーランドの三カ国でしか配信されていないというのに、この話題沸騰ぶり。

全世界で配信されたらどうなってしまうんだろうか。

 

このブログでは去年の9月に、ポケモンGOが楽しみすぎるあまり記事を書きました。

kamifujinohana.hatenadiary.jp

今年のはじめに書いた記事でも、ポケモンGOが楽しみってレベルじゃねえという話をしてました。

kamifujinohana.hatenadiary.jp

これはきっとすごいゲームになる、とは思っていたけれど、まさか社会現象と呼べるほどに流行るとは、想像もしていなかった。

そして、日本での配信も今週中に始まる、かも? という噂。

どうしよう。緊張してきた。
手汗かいてしまう。

「ポケモンGO」の基礎となった「Ingress」の思い出

ポケモンGOの基礎となったゲーム、Ingress(イングレス)を、私は少しだけ遊んでいました。

いろいろと理由があって触らなくなってしまったのですが、一時期はハマっていました。隙あらばポータルを求めて車に乗り、ポータル化されていない物を見つけては片っ端から申請を送り、時間とガソリンを費やしていました。

楽しかったなー。

何が楽しいって、Ingressをしていなければ、足を運ばなかったであろう土地、通らなかったであろう道を、毎日のように新発見できること。

Ingress片手に動きまわった数ヶ月ちょっとの間で、一体どれだけの新天地に足を踏み入れただろうか。

この道、ここに繋がってたんだ!とか。
ここに、こんな施設があったんだ!とか。
こんなところに神社があったんだ!とか。

自分の家の近くや、通勤・通学ルートから、ちょっと道を逸れて冒険ができる。

ポケモンGOが出てしまった今、あの時のIngressへの情熱が戻ってくる可能性はかなり低くなってしまいましたが、Ingressは楽しかったです。

だからこそ、ポケモンGOもきっと楽しいだろうなーって期待しています。

 

神社好きの人、pokemonGOやろうぜ!

Ingressに導かれて、あちこちを車でうろちょろした日々。

特に、神社をいっぱい発見できたのが嬉しかったなー。

 

私は神社が大好きです。

人がいっぱいいる大きい神社はもちろんですが、田舎の片隅でひっそりとこぢんまりと佇んでいるような神社がどストライク。

地元の人しか知らなくて、地図にも載っていないようなやつ。
Googleマップをかなり拡大しないと、鳥居の地図記号が出現しないようなやつ。

Ingressをやっていると、そういう神社にいっぱい出会えます。

 

Ingressには「ポータル」というポイントがあります。

スタンプラリーでいうところの、スタンプ台が置いてある場所。
このスタンプ台を探し歩いて遊びます。

 

このポータル、不特定多数の人が立ち寄っても支障のないよう、公共施設や、石碑や石像、駐車場のある道の駅などに設置されていることが多いです。

というか、神社・寺・石碑・石像・道の駅があればほぼ100%そこはIngressのポータルになっているんじゃないかな…。

 

 

私がIngressを起動すると、近くにこんなポータルがあって、そこまで◯◯mだよ!って距離と方角の表示が出てくるわけです。

それを求めて歩くだけで、素敵な神社をざくざく発見できるんです。
そんな日々でした。

最高かよ?

 

そしてここからが本題。

Ingressのポータル情報は、ポケモンGOにそのまま受け継がれているという噂なので、ポケモンGOでも同様に、「神社めぐりの旅」ができる可能性、大。

 

うわー、楽しみだよー。
ポケモン好きだけじゃなくって、神社好きの人とか、お散歩好きの人もポケモンGOやろうよーやろうよー。

 

ポケモンGOを年単位で楽しみたい

待ちきれなくて、YouTubeとかでけっこうポケモンGOの動画を観ちゃったんですが、やっぱりシステムはシンプルな感じですね。

Ingressもそうだったけど、このゲームの楽しさって、たぶん、ゲームそのものではない。


ゲームをするために、外を歩いて、知らない道をゆく。
ゲームをきっかけにして、新しいお店、新鮮な景色、ときには友人に出会う。

あるいは、旅行先での楽しみがひとつ増える。

 

そういう、日常生活の中にある楽しさを発見するのに必要な、ちょっとした行動力、ちょっとした広い視野なんかをもたらしてくれるゲームなんだなと。

 

そして、前身であるIngressで既に行われているような、人を集めた大規模イベントや、全国チェーン店との提携、地方活性化のための催しなどなど、きっと、いや絶対、ポケモンGOでもこういうことが盛り上がっていくんだろうな、と。

 

今のところ、カントー地方のポケモンしか出現しないみたいだし、いくらでもアップデートの余地がありますよね。

 

ゲームと、そこから広がるさまざまな動きが、年単位で発展してゆき、私たちの生活を賑やかにしてくれそうだ、という期待が持てる。

 

あーーーーーー楽しみだなーーーーーーーまだかなーーーーーまだかなーーーーー!?

 

配信前にモバイルバッテリーの充電満タンにしとこっかな!?

Googleアカウントも専用のやつ作っとこうかなー!?

仕事とかしてる場合じゃねえよーーー!!

 

グルマンディーズ ポケットモンスター LEDライト付き USB出力 AC充電器 ピカチュウ POKE-531

グルマンディーズ ポケットモンスター LEDライト付き USB出力 AC充電器 ピカチュウ POKE-531