かみふじの花

20代のオタク女。 漫画とアニメとゲームが好き。 Twitter依存。 まったり更新するブログ。

人生初のほぼ日手帳を買って1ヶ月経ったけど楽しくてしょうがない件

 去年、はじめての「ほぼ日手帳」を買いました、かみふじです。

kamifujinohana.hatenadiary.jp

 

今年の1月1日から使い始めてはや1ヶ月。

結論を言いますとほぼ日手帳めっちゃ楽しいですし、本当に買って良かったなって思ってます。

楽しいな! って思う理由をいっぱい書きます。

 

そもそも、「ほぼ日手帳」とは

その前に、「ほぼ日手帳」って何ぞや? という方のために。

1日1ページ書く手帳。「ほぼ日刊イトイ新聞」っていうとこの商品です。
ちょっとお高いですが、お洒落かつ、使いやすいと評判。

1ヶ月カレンダーとか、1年を通して見られるページとかもちゃんとあるよ。
手帳の時期になるとロフトとかに置いてるんじゃないかな。
私は公式サイトの通販で買ったよ。

www.1101.com

毎年新しいデザインが出ていてわくわくするよ。

公式サイトで、みんながどんなふうに「ほぼ日手帳」を使っているのかを公開しているページがあるから、見てみると楽しいかも。

help.1101.com

「好き!楽しい!便利に使ってる!」という支持がある一方で、
「1日1ページも書くことないよ!使いこなせない!」という声もよく聞きます。

 

めっちゃ書くことある

私はどうかというと、めっちゃ書くことある。
8割くらい文字で埋まる。

正直、使いはじめるまでは、「1日1ページも書くこと無くない!?」って思ってたけど、想像以上に書ける。

具体的に何を書いてんの?って聞かれると、

  • 今日やったこと
    (寝坊したとか、昼食に何を食ったとか、アニメ観たとか)
  • 今日思ったこと
    (寝坊してやっべーって思ったとか、新しく買った歯ブラシが小せぇ!とか)
  • やらなきゃいけないこと
    (午前中に履歴書を書けよ明日の私!って前日にかいておく)
  • やりたいこと
    (お金があったらパソコン買いたいなぁ…みたいなことを思いついた日に書く)
  • メモ代わり
    (買い物メモでも作業中のメモでも)

手帳っていうか、手帳&ノート&メモ帳&日記帳みたいな。
これ一冊持ってればiPhoneのスケジュールアプリもメモアプリも使わなくて済むなーって感じ。

がんばって1日1ページ埋めようとは思っていないけど、8割は自然に埋まる。
埋まらなかったら好きなシールとかぺたぺた貼って遊ぶ。

 

10年後の自分のために書く

手帳を書きながら思っているのは、
これ、10年後に自分で読み返したら楽しいだろうな~」ってこと。

10年前の今日に、自分が何をしていたか?
大事なイベントとか大きな事件でもなければ思い出せないよね。

私は2016年2月1日のおやつにブタメンしょうゆ味を食べたわけだけど、そういうことって、後になればなるほど、まず思い出せないよね。

でも手帳に書いてるから、読み返せば思い出せるわけ。

別に思い出したところでなんの得にもならなさそうだけどな、ブタメンしょうゆ味を食べたことなんてな!

でも多分楽しいよね! 読み返したときに!
10年後の自分に聞いてみないと分からないけど!

 

今の自分が好きなデザインを選べる

この手帳、まあぶっちゃけ高い。毎年すてきなデザイン出るけどな。
使える時間はたったの1年だし。1年後にはもう使えない。

でもな、逆に考えるんだ、1年こっきりだから良い、と。
手帳のデザインを選ぶのが、とても楽なんだ、と!

 

高いものを買うときって、だいたい「これ3年後、5年後、10年後にも使えるか? 飽きないデザインか?」って考えてしまう。

でも、1年しか使わないってことが分かってる!

"今の私"がギュンとくるデザインを選ぶしかない!!
悩まなくて済む!

手帳だけじゃないよ!
そういう心構えで、文房具売り場に1時間弱滞在して、5色ボールペンを選ぶのとか、すげー甘美な時間だから!

 

25歳の頃の私はこのデザインにギュンギュンきてたんだな~」って思える、楽しいよ~。

 

心に余裕ができる

去年までは、1週間で2ページ使う手帳を使っていたのですが、「ほぼ日手帳」に変えたところ、1日に書ける量がドンと増えました。

その結果、どうなるかというと、どうでもいいことを書く余裕が増える。

さっき言った、おやつにブタメン食べたとかもそのひとつ。

「テレビで見た◯◯ってお店のご飯が美味しそうだからいつか行きたい」
「最近◯◯のせいでドタバタと忙しいわ~」
「◯◯が欲しいと思ってたけど、やっぱり要らないかなって気がしてきた」

みたいな。

よく、悩みがあるなら話してよ、人に吐き出すだけでスッキリするよ?
みたいなセリフがありますけれど、私のようなものは、そうそう悩みを打ち明けられる相手がいないわけですね。
っていうか世間話する相手がそもそもいないわけですね。
インターネットに書いても大丈夫な話題ならまだしも、そうじゃないことも実生活ではいろいろ起きますから。

そういうのを、ほぼ日手帳の、「どうでもいいことを書く余裕」が受け止めてくれるおかげで、なんだかスッキリ、心のバックアップが取れる感じです。
手帳に書いたから、バックアップ取っといたから、とりあえず安心!みたいな感覚が、日々に生まれました。やったぜ。

 

Instagram(インスタグラム)とかに晒す?

私はインスタグラム登録してないんですけど…いや、登録してるんだっけ…?忘れた…

Instagram

Instagram

 

ほぼ日手帳の写真を見せるのが盛んらしい?ですね?

ほぼ日の公式サイトとかガイドブックとかで言ってた。

で、そういうの見て
「ほぼ日手帳使ってる人っておっしゃれー!
 でも、自分、こんなん描けないっすわぁ…」ってなってる人も若干いる、ようである。

 

気にしなくていいから!

 

そもそもね、いや、ネットにupしてる人を批難する気はまったくないんだけど、手帳とか日記って、他人に見せること前提で書くものじゃねーから!

ネット文化が発達してきまして、「他人に日記をさらけ出すとか斬新すぎてヤバない?」っつってブログとかいうのが流行りましたけど、それはそれ!これはこれ!

 

私も、こんな記事をブログに書くんだから、1ページくらいは自分のほぼ日手帳を写メってupしたほうがよくない? 記事の説得力が増すんじゃない?
って思って、カメラ構えて手帳ペラペラめくってみたけど、インターネット上にさらけ出せるようなページが1ページもない。

絵を描いてないとか、マスキングテープを買ったわりにはほぼ使ってないとか、そういうんじゃなくて…

個人情報だし…プライベートだし…

f:id:kamifujinohana:20160202125446j:image▲ 苦肉の策で何も書いていないページを開いて写真を撮る

 

そもそも、インターネット上にさらけ出せるような日記はここに書いてっからね…
はてなブログに書いてっから…This is Blog.

なんならtwitterにも書いてるし…
自分で描いた絵なら既にそっちで見せてるし…

 

カラフルなペンで書かなきゃ>< とか
かわいくデコらなきゃ>< とか
数日に1回くらいはインスタにupしなきゃ>< とか

そういうことを考える必要は全くないよー! ってことです。
もちろん描いてupするのを喜びにするのは全然ありだと思う。楽しいと思う。

私もこのブログ書いてて楽しいし。

 

どこかの誰かがインターネッツにupしているほぼ日手帳を見て、
うえへへ、こいつぁ可愛いマスキングテープでヤンスなぁって思うことはあるけど。

私の手帳は日記であり、個人的なメモである。
私の私による私のためだけの手帳だからー!

貼ってるシールがクソダサくても、お見せ出来るページがなくても、何ら支障はないのだ。

 

「ほぼ日手帳」は買うべきか?

なんかすげー宣伝みたいな記事書いちゃったけど、「だからほぼ日手帳を買おうぜ!みんな始めようぜ!」とは、言いません。

だって高いもんなー、これ!
結構でかいし!
続けられなかったらもったいないもんな!

 

なので、「ほぼ日手帳…気になるけど、続けられるかどうか不安…チラッチラッ…」
みたいな人には、

とりあえず1週間で2ページくらいの、安い手帳で1年やってみたら?」と言いたい。

 

「ほぼ日手帳」にも、WEEKSっていう、見開きで1週間のやつがあるけど、やっぱりそこはほぼ日ブランド、こいつもそこそこ高いから!

本屋さんにドバッて陳列されてる安いやつから好きなの選んで、ちょっと可愛いボールペン選んで、日々の予定だけじゃなく日記みたいに使ってみて、それで、欄が足りない、もっと書きたい、もっと書ける、私は手帳にもっと高い金を払える!!

と思ったら「ほぼ日手帳」を選択肢に入れ。とかでいいと思う。

私もそういうルートを辿ったので。

 

最後に、ブロガーさん向けに

1日1ページを毎日書いてると、ブログのネタのストックに使えると思うよ。
でも、手帳に書いたからまあいいかみたいなノリになる。

ほぼ日手帳2016 WEEKS MOTHER2・どせいさん(1月始まり) ウィークリー

ほぼ日手帳2016 WEEKS MOTHER2・どせいさん(1月始まり) ウィークリー

 

 

ほぼ日手帳とかの記事

kamifujinohana.hatenadiary.jp

kamifujinohana.hatenadiary.jp

kamifujinohana.hatenadiary.jp