かみふじの花

20代のオタク女。 漫画とアニメとゲームが好き。 Twitter依存。 まったり更新するブログ。

【キモオタの就活】美少女キャラの履歴書を書くのめっちゃ楽しい

履歴書とか職務経歴書とかジョブ・カードとかあるじゃないですか。
就職活動で使うやつ。自分のことをいろいろ書くやつ。

あれってやっぱり、自分がステキでマトモな人間に見えるように書かなきゃいけないじゃないですか。

間違っても「友達が1人もいなくて、外出するのが嫌いなひきこもり体質で、一日中アニメ見てゴロゴロしてるだけのキモオタです!」とか書けないわけじゃないですか。

 

アニメ見てにやにやしてるだけのキモオタを面接という舞踏会に送り出すためには、前向きという名のメイクアップアーティストをひねり出し、「他人の意見に振り回されず、1人でも自分の意見を持って活動できる自立性があります。」みたいなちょいモテコーデを施す必要があるわけじゃないですか。

無理だよ!!!
ただの意志が弱くて自己主張ができなくてコミュニケーションの下手くそなキモオタでしかない自分を、お前そんな、そんなふうに書くのは、無理だよ!!!

…って、ずっと思ってたんですけど、いや今でも思ってるんですけど。

 

自分だと思わなければいいんじゃねえ?(気付き)

 

自分で自分を褒めようとするから無理なんじゃね?

履歴書を書いているとネガティブクソ野郎が顔を出してきて、「何嘘ついてんだ!!氏ね!!!」ってハンマー振りかぶってくるのは、自画自賛してるからじゃない??

 

自分を萌えキャラだと思えばいいんじゃねえ?

…いや、ちょっと違うな。

いま履歴書に書いているのは萌えキャラのプロフィールであって、自分ではないと思えばいいんじゃねえ?

これだな。

これだわ!!
やべえ! 私天才かもしれん!!

 

自分で自分の内面を掘り下げて書くから、どうしても「外側から自分を見る」という視点を見失いがちなんですけど、実際に履歴書を見るのは他人なんですよね。

私のことを全く知らない人に、私を教えるために書くわけです。

 

でも、私は自分のことを他人にお知らせしたくないわけです。
顔を出さず、ハンドルネームで活動していたいわけです。

他人から見たらリアルの自分がどう見えてるか、なんて考え、脳内から排除したいわけです。

だから、履歴書を書く手も鈍るわけです。

 

でも、それが自分の好きなキャラとなると話は別だよな!?
萌えキャラを他人に布教するとなると、気合入るよな!?

自分の好きなキャラの魅力は、あまねく世界に、全人類に、全人口72億人に知ってもらいてーもんな!?

 

じゃあ、この履歴書、好きなキャラの履歴書ってことにしよう。

脳内で。
脳内変換で、そういうことにしよう。

 

キャラ、作ろう。

私好みの、可愛くて理想的な二次元の女の子キャラを作ろう。

で、そのキャラの履歴書を代わりに書いてるって設定にしよう。

 

名前とか住所は、なんか偶然にも私と同じで、不思議だなーとは思うんだけど。
経歴とかもね、やたらそっくりでね。
夢小説の主人公かな?それにしたって似すぎだよな?っつってね。

写真は…まあ、あれだな、実際、こんなキモオタフェイスじゃないんだけど、なんだろうな、急遽、写真が、用意できなくて、こう、私の顔写真で代用したんじゃないかな?

そういう設定。うん。

 

大事なのは性格、長所とか自己PRとか、そういうやつな。
これ、自分の履歴書だと思うとネガティブクソポイントしか見当たらなくて困るんだけど。

美少女キャラを褒め称えていると思えばすらすら書けるな!?

 

もちろん嘘は書かないよ。そこは大事だよ。

でも、意識として。

私はあくまでも他人で、この履歴書に書かれているのは私ではなくて可愛い美少女キャラで、その子を良い会社に就職させるために、嘘はつかず、しかし的確に褒めながら、この子を、なぜか私と同じ名前のこの子を、就職させてあげるんだ!!私は!!!

という意識で!!

 

めっちゃ楽しい。やべえー。

美少女キャラの履歴書をおおむね書き上げたら、自分を一発ぶん殴って冷静さを取り戻そうと思う。
そして、「いやいやこれは盛りすぎだろ…」って点を削って、仕上げにかかろうと思う。

そうすればプラマイゼロでなんかまともな人間っぽい履歴書になる、気がするー!!
私の中のネガティブクソ野郎を黙らせることができる気がするー!!

 

美少女キャラのつもりで書いた履歴書を出して最終的にどうなるか、結果が出たらまたお知らせします。

 

しかしこれ、面接まで行けたとして、面接のときどうしよう。
美少女キャラの影武者として来てるって設定でいいかな?

 

就活のやり方[いつ・何を・どう?]ぜんぶ! 2017年度

就活のやり方[いつ・何を・どう?]ぜんぶ! 2017年度