読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かみふじの花

20代のオタク女。 漫画とアニメとゲームが好き。 Twitter依存。 まったり更新するブログ。

映画「PAN ネバーランド、夢のはじまり(吹替)」観てきた

wwws.warnerbros.co.jp

 

暇だったので、映画を観てきました。
この映画は前々から楽しみにしていたかというとそうでもなく、ピーターパンのファンかというと全くそんなこともなく。

誰もが名前を知っているかの名作「ピーター・パン」の前日譚。

…なんですよね、たぶん。いや、私、ピーター・パン一切観たことないので、全然分からないんですけれども。

 

私の「ピーター・パン」に関する知識は

  • ピーター・パンっていうリンクのタイツ版みたいな服着たのが主人公
  • なんでか知らんけど永遠の少年らしい
  • ティンカーベルとかいう金髪のちっちゃい妖精が出てくる
  • フック船長とかいうのが出てくる
  • ネバーランドとかいうとこが舞台らしい

以上です。


ディズニー映画も観たことないし。小さい頃に絵本くらいは読んだことがあるかもしれないけど、そうだとしても記憶にないです。
そんなレベル。ひどい。

 

Wikipediaを見に行ったら

ピーター・パン - Wikipedia

思ったより歴史のある作品でびっくりしたし、原作が戯曲?というのも知らなかったし、なんだかスッキリした顔立ちのイラストがあってびっくりした。

 

そんなざっくりしたノリで見に行ったので、ざっくりしたノリで感想を書きます。

 

これから観に行こうかどうか迷っている人が読んでも問題ない…と思うレベルにネタバレを伏せ気味で書きますが、ネタバレの基準は人それぞれなので、「これネタバレじゃねーか死ね!」って言われたら「うるせー!」と返すことしかできない。

ネタバレに対して心の広い人だけ読んでください。

あ、吹き替え版です。

 

総評

あれ? 総評って最初に書くものじゃない?
まあいいか。

 

映像すげー綺麗」と「これ美少年フェチ大歓喜じゃねえ?」が、鑑賞後に私の心に最も強く残った感想でした。

 

CG綺麗なファンタジー。少年がいっぱい出てくる。
船めっちゃ飛んでる。タイガー・リリーのアクションシーン素敵。

 

面白かったか? つまらなかったか?
と聞かれたら「面白かったッス」って答えます。

DVDレンタルとかじゃなくて、映画館で観られてよかったなーと思いました。

 

えーっと、主人公ピーターの俳優さん、リーヴァイ・ミラーくん?
この子が終始とても可愛い。

この前ZIP!で、この子が日本に来て、食品サンプル作りをして喜んでいる映像を見て「かわええ」と思ってた。
だから観に行ったというわけでもないんだけど、やっぱり可愛かった。

特に美少年好きというわけでもないんですが。
そんな私でも「あっこの表情かわいい」とか「あっかっこいい」とか何度か思ったので、美少年好きな人は特に嬉しいんじゃないかなー!わからんけどー!

いや、どうなんだろ、私も実は美少年が好きなのかな、普段アニメばっか観てて三次元の人間の映像作品をほとんど観ないからわからん。

 

あと映像が綺麗ね。
CG技術の発達によって、こういうファンタジーな世界観が実写映画でも素敵に表現できるようになったのは、喜ばしいことであるなあ、と思いました。

 

前に実写版の「シンデレラ」も観に行ったんだけど、あれも綺麗だったなぁ。

ただ、シンデレラと比べるなら、うーん、シンデレラの方が好きかな…。

 

「ピーター・パン」の予備知識は必要か

私が全く予備知識なくても「面白かった」と思ったので、いらないとは言わないけど、多分、あった方がいいんじゃないかなぁ。

 

さっき、なぜ「シンデレラの方が好き」って言ったかというと、私が「ピーター・パンは全然知らんけど、シンデレラは本編のストーリーを知ってるから」ですね。

 

実写「シンデレラ」はみんなが知ってるあのストーリーにやや要素を加えてそのまま実写化した感じ。

 

今回の「PAN」は、
「ピーター・パン」みんな観たことあるよね?
よーしじゃあ予備知識あること前提で進めてくからな!

っていう感じだったかなー。

 

前日譚なので当然なんですけど、「そして本編に続く!」みたいなまとまり方をします。

私はその本編を知らんので、「えっそれでこの後どうなるの」という感じで終わってしまいました。
予備知識無しで前日譚を観に行ったんだから、当然の結果なんですけども!

 

吹き替えについて

あの…フック船長役の…成宮寛貴さんがさぁ…
ぼ…棒読み…じゃない?

こういうこと言うとファンに殺されるのかしら…。

 

いや、あの、この人に何の恨みもないんですけど、俳優さんとしては好きな人なんですけど。

前に「レイトン教授VS逆転裁判」で成歩堂龍一声優をこの人がやってたときから、「この人めっちゃ棒読みだな」って思ってたんですけど、なんていうか、うん。

 

フック船長、けっこう出番多いので、気になる人は気になるかもしれないです。

私は「映像すげえ」という方面に心を引っ張られ気味だったので、そんなに強く印象には残らなかったのですが…。

 

小難しい会話が続くような映画でもないので、字幕で観たほうが良かったような…気がする。

それ以外の吹き替えについては良くも悪くも特に印象は無いかな…。

スタッフロール見て「あっ坂本真綾さんいたんだ」と思った、くらい。

 

一番印象的だったこと

タイガー・リリーの目元の赤い化粧がやたら可愛い。

 

 

 

こんな感じかな!

また暇なときに映画観に行ったら感想を書きます多分!

 

 

新訳 ピーター・パン (角川つばさ文庫)

新訳 ピーター・パン (角川つばさ文庫)

  • 作者: mebae,J・M・バリー,河合祥一郎
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2013/01/15
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 ▲ うおぉ…今風の絵柄になっとる…

 

ピーター・パンとウェンディ(新潮文庫)

ピーター・パンとウェンディ(新潮文庫)

 

▲ ウェンディって誰だ!