読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かみふじの花

20代のオタク女。 漫画とアニメとゲームが好き。 Twitter依存。 まったり更新するブログ。

来年の手帳を使うのが楽しみでしょうがない件

ほぼ日手帳

先日、初めての「ほぼ日手帳」を、勢い余って2冊購入。

 

皆さん、ご存知ですか?「ほぼ日手帳」って。
私はこれ、「ほぼてちょう」だと思い込んでいたのですが、どうも「ほぼにちてちょう」って読むのが正しいらしいんです。

人前で思いっきり「ほぼてちょう」って言って恥をかいたので、この記事を読んでくださった皆さんは、どうか気を付けてください。

ほぼにちてちょう。です。

この手帳のセールスポイントは、1日1ページ書ける手帳ということ。
名前の由来は、「ほぼ日刊イトイ新聞」というサイトの名前。
コピーライター糸井重里さんのサイト。ここで生まれた手帳です。

www.1101.com
▲「ほぼ日手帳」公式サイト。ここから通販でお買い物できますよ。

 

今や珍しくもない、1日1ページ書ける手帳ですが、「ほぼ日手帳」の登場時は画期的な形式…でした。コレが流行ったことにより、手帳業界に革命を起こしたらしい…です。しらんけど。なんか。聞いたところによると。そうらしいよ。

 

この手帳、15年の歴史を持つロングセラー商品です。
しかし私はつい最近まで、「ほぼ日手帳?あ~なんか、名前だけは聞いたことあるような…」 程度の認識でした。
この手帳の存在をしっかりと認知したのは、名作ゲーム「MOTHER」の手帳カバーが発表されたとき。

MOTHERといえば、RPGの主人公がぜんそく持ちという斬新な設定や、ハンバーガーにケチャップをかけて食うと体力がとてもよく回復するという謎の飯テロ仕様などなど、初代の発売から25年以上経った今でもなお、色褪せないフシギな魅力を持つ、名作ゲーム。

ゲームをプレイしたことはなくとも、「エンディングまで、泣くんじゃない。」「大人も子供も、おねーさんも。」などのキャッチコピーなら、聞いたことがあるのではないでしょうか?
これらを生み出したのが、MOTHERです。

 

そんな作品がなんと、手帳カバーになって登場するというのです。

日頃、私の愛するサモンナイトシリーズから、手帳はおろかクリアファイルすら出ないことを嘆いている私にとって、なんとも眩しいニュース。さっすがゲーム史に残る名作は一味違うぜ!わくわくしてググりました。

 

www.1101.com

▲当時のページ。販売終了しています。

 

クッソ高くて、ビビッてすぐに帰って来ました。

 

何あれ、怖い…。
桁がひとつ多い…手帳の値段じゃない…怖い…。

微妙なデザインの安い手帳を愛用している私にとって、「ほぼ日手帳」は手の届かない、セレブのオシャレアイテムでした。

それに加え、Twitter上でちらほら聞こえてくるのは、「ほぼ日手帳を買ったことはあるが、使いこなせなかった」という声。

 怖気づく私。

まず、高いし。なんか…オシャレだし。
1日1ページって、多いし。何を書いたらいいのか分かんないし。
私には、きっと使いこなせないんだろうな…。

 

そんな風に「ほぼ日手帳」をスルーし続けていた私。しかし先日、突然「ほぼ日手帳が、欲しい!」と思い立ち、うっかり2冊も買ってしまいました。

頭でも打ったのかというくらいの変わり身。

 

私を「ほぼ日手帳」購入に踏み切らせた理由は、日々の小さな積み重ねでした。

 

手帳を日記として使い始めた

現在愛用中の、微妙なデザインの手帳が、私にとってはじめての手帳です。

これを購入する以前は、iPhoneアプリを使って、スケジュールの管理をしていました。

 見た目も可愛いし、スタンプは豊富だし、編集も楽。

 このアプリはお気に入りで、長くお付き合いしていたのですが、電話をとる機会が増えるにつれて、徐々に不便さを感じてきました。

アプリが電話(iPhone)の中に入っていると、通話をしながらスケジュールを覗きづらい…。

 友達相手の通話なら、「ちょっとアプリで確認するから、待ってて」と言って、通話を途切れさせても構わないのでしょうが、そうもいかない場合も多々あります。大人として、これはちょっとマズイ。

 

やっぱり、紙の手帳が必要だな。
そう思ったのが6月という、手帳の旬を逃しに逃しまくった時期。

 

秋から冬、新学期にかけて「こんなに手帳がいっぱいあるよ!カラフルだよ!便利だよ!」と盛大に盛り上げていた書店も、6月となると態度は一変。

手帳?あー、隅っこに置いてあるから、買えば」くらいの冷たさです。
もっと早く来てくれれば、アツアツの手帳がいっぱいあったのに、なにすっかり冷めてから買いに来ちゃってんの、みたいなオーラを手帳売り場からヒシヒシと感じます。

そんな冷えきった売り場では、好きなデザインを選ぼうにも、選択肢が少ない。とりあえず目に付いた手帳を、「微妙なデザインかも…」と思いつつも買って、なんやかんや愛用していました。

 

最初は、バイトのシフトや、忘れてはいけない用事、買い物メモなど。
そういう、ごく一般的なスケジュール帳として使っていたのですが。

徐々に、日記のような使い方をし始めました。

 

Twitterでだらだらとつぶやきまくっていることからも、こんなブログを書いていることからも窺い知れると思うのですが、私は文章を書くのが好きです

面白かったこと、印象に残ったこと、その日に食べて美味しかったもの、ちょっとしたこと、どうでもいいこと、さらにどうでもいいこと、カスみたいにどうでもいいことなど…。

そんな事を、思いつくままに手帳に書いてみると、なんだか楽しい

 

いくらTwitterで思うがままにつぶやいているといっても、そこはネット上。なんでもかんでも書くわけにはいきません。

日常生活の足跡をペンで書きのこすことによって、自分が毎日それなりに前進していることが、目に見えて分かるようになりました。

 

ときどき何かにつまづいて、「私ってしょうもねーな。日々を無為に過ごしてるな。ほんとダメだな。」と落ち込むことがありますが、それが少し減りました。

手帳に、ほんの2,3行の日記を書いたことで、「いやいや、そうは言ってもさ、毎日それなりにやってるじゃん」という事実が、手元に残ったのです。

 

手帳に日記を書く。
その行為を気に入り始めた私は、自然と「書くスペースが、もっと欲しいな」と思うようになりました。

 

 マスキングテープの便利さを知った

女子力高めの文化系女子って、やたらマスキングテープ持ってません?

あれ、なんなんだろう、とずっと思ってたんですけど。
集めると、女子力レベルが上がって、なにか…強いのかな?とか思ってたんですけど。
使ってみると便利ですね。

紙の切れっぱしに、艦これのデイリー建造&開発のレシピを書いて、マスキングテープでパソコンの近くに張り付けておけるし。

ゲームの充電器とか電源コードがごちゃごちゃにならないよう、マスキングテープに「PS4」「3DS」とか書いてまとめておけば、整理できるし。

 

そんでもって、探してみると、可愛いデザインいっぱいあるし…。

mtex 水彩花柄|mtex 水彩花柄 - マスキングテープ「mt」オンラインショッピング

▲これめっちゃ可愛くない…?

 

こんなに色々、可愛いデザインがあるなら…欲しいけど…
いやでも、買っても使い道がな…ゲームの充電器をまとめるにも限度ってもんが…
使い道、使い道…あっ、手帳に貼ればいいんじゃ…?

 

 母の物忘れが気になった

加齢と共に、母の物忘れが目立ちはじめました。

一緒に「おいしい」って言ったご飯のこと、あんまり覚えてないし。
買わなきゃいけないものとか、わりと忘れちゃうし。
テレビを見て話した内容とか、まず覚えてないし。

なんだか少し、寂しくなりまして。

 

買い物はメモを取ればいいけど、日頃のなんでもない会話や、食べたご飯なんかを、メモ帳に書きとるのは、なんか違う。
どうしても覚えていなくちゃいけないようなことじゃ、ないし…。
でも、毎日ちょっとずつ積み重なっている楽しいことを、ぽいぽいっと忘れてしまう母を見ているのは、寂しい。

 

お母さん、もともと、絵とか、描く方だし…。
ほぼ日手帳とか、プレゼントしたら、使ってくれないかな?
毎日のちょっとしたことを、楽しんで記録してくれないかな?

そうだ、私が一緒に買ったら、一緒に使ってくれるんじゃないかな?

 

自由な使い方を知る

やっぱ、買おうかな…。そう思って公式サイトを見ていると、みんなの使い方コレクションというページを発見。

help.1101.com

ゴハンの絵を描いている人もいれば、育児日誌を書いている人もいる。
家計簿の代わりにもなれば、仕事にも使えるらしい。
西尾維新さんのインタビューも読みました。使い込みっぷりが半端じゃない。

 

みんな、思い思いの使い方をしていて、楽しそう…。
そう思って、母にもこのページを見せたら、「楽しそうだね~」と。
興味を持ってくれたので、踏ん切りがつきました

 

パソコンを持っていない母がいつでも「使い方」を見返せるように、ガイドブックをショッピングカートにイン。

ほぼ日手帳公式ガイドブック2016 This is my LIFE.

ほぼ日手帳公式ガイドブック2016 This is my LIFE.

 

私の分母の分2冊のほぼ日手帳を買うことに決めました。

 

私が選んだ手帳

ほぼ日手帳には種類があります。

1日1ページ書けて、文庫本サイズのオリジナル
オリジナルはちょっと多いから、1週間に1ページでいいやという人には、WEEKS
オリジナルじゃ物足りない、もっと書きたい人には大きいサイズのカズン
海外のお客様には、オリジナルの英語版、Hobonichi Planner

 

私は、文章を書くのも好きなら、絵を描くのも好きなので、1日1ページ書けそうな気がしています。でも、カズンを買うのは早い気がして、まずはオリジナルを選択。

run run run - 手帳ラインナップ - ほぼ日手帳 2016

これ、めっちゃ可愛い…。
遠目から見たときは、千鳥格子かな?って思える、落ち着いた配色。
近寄ってよくよく見ると、うさぎの模様。
あれ、可愛い系?と思っていざ手帳を開いてみると…パッと明るいスカイブルー
ギャップにやられた。
可愛いわもう。高いけど。
たまらんわもう。相応に高いけど。


母は、「そんなにたくさん書けないよ。でも、1週間に1度くらいなら、1ページ書けるかも」とのことで、WEEKSを選択。

タイ&チーフ ホエールクレスト - 手帳ラインナップ - ほぼ日手帳 2016

 これもめっちゃ可愛い…。
可愛げがあるけれどシンプルで、年齢や性別を問わず、スッと馴染むデザイン。
小さなクジラには、3つの表情違いがあるという遊び心も嬉しいですね。

 文房具を選ぶ楽しみ、ふたたび

私の手帳は既に届き、手元にあります。
来年の1月、手帳を使いはじめるそのときまで、開封せずに置いておくつもり。

母の分が届くのは、10月末だったかな?

 

来年のその日をわくわくと待ちわびながら、手帳に使うマスキングテープや、ちっちゃなシールボールペンなどを探して、文房具売り場で宝探しの日々です。

 

思えば、学生の頃は、文房具を見るのが好きだったなぁ。

でも、パソコンとiPhoneで事足りる生活になってからは、めっきり文房具とは疎遠になってしまって。ときどき、面白いふせんや、新技術を使ったシャーペンなんかを見かけると、楽しい気持ちにはなっていたけど、「でもどうせ、使う機会ないし…」と売り場を後にしていたんだった。

 

学生時代以来です、文房具を選ぶのが楽しいのは。
いや、あの頃はマジメな文具しか選べなくって、可愛いマスキングテープや、オモシロ系のシールなんかは使えなかったから、自由になんでも選べる今、あの頃以上に楽しいかも。

 

文章を書くのが好きな方、どうですか。
ページに余白があるとついラクガキしたくなっちゃう方、どうですか。
マスキングテープの使い道を探している方も、どうですか。

ほぼ日手帳、来年からはじめてみませんか?

 

私は、一足先にわくわくしながら、来年を待っています。

 

ほぼ日手帳2016 WEEKS タイ&チーフ・ホエールクレスト(1月始まり) ウィークリー

ほぼ日手帳2016 WEEKS タイ&チーフ・ホエールクレスト(1月始まり) ウィークリー

 

 

ほぼ日手帳公式ガイドブック2016 This is my LIFE.

ほぼ日手帳公式ガイドブック2016 This is my LIFE.

 

 

ほぼ日手帳をゲットし、文房具を選びに

kamifujinohana.hatenadiary.jp